猫とワタシ

糸小屋

身近な植物で糸を染め、【草木染め糸の販売】と【機織体験】の小さな糸小屋です。草木染め糸のネット販売を始めました【糸小屋gayagaya】です。尚bookmarkの所からお入りいただけますのでよろしくお願いいたします。

この記事のみを表示するお陰さまで 荷物岩手に届きました。

東北災害

岩手の 友達から 「ビックリしたよー」と本日19時ごろ電話がありました。
マフラーに事は ずっーーーと秘密にしてました。他に電話が有った時も・・ナイショ

箱いっぱいのお菓子やマフラーにカイロ・・びっくりしたようで、すぐに電話を くれたらしく
ダンボールの内側に貼り付けた手紙も読んでいないみたい

クリスマスの読み聞かせのイベントは、少し前に終わっていたようで、「キャラメルを2個程度を
袋に入れて・・だった様で あーこれが有ったらーー」と言われてしまいましたが

仮設住宅の友達が これから住宅の子供達のクリスマス会を予定しているから
そちらに持って行くとの事。

そしてマフラーは 仮設や家を流されて本当に困ってる人達が居るから、そちらに
配って良い? と言われました。

私たちは 本当はコーラスや本の読み聞かせをしてる人に有難う応援してるよ
のプレゼントのつもりだったけれど 箱の中の手紙に書いてあるように
此方は そちらの現状が分からないので マフラーを含め すべてそちらにお任せ
と 話しました。

マフラーを織ったり編んでくださった方の思いと少しちがっていますが
許してくださいね

思ったのです。まだまだ私達 考えが甘いのかもと 現実はもっと苛酷なのかも・・

googleの地図の航空写真から東北の海岸線を見てください
ズームして 津波で流された被害の大きさがみえます。
  (ズームの所の黄色の人間マークをマウスの左側を押しながら地図の見たい場所に移動させると
   読み込み中と表示される所は あたかもその場所に立つて居るかの様な映像がみえます。)

http://maps.google.co.jp/maps?hl=ja&ie=UTF-8&tab=wl

この方達 お箸や茶碗もすべて流されたんですよね。・・
もしかしたら仕事も・・・
家族も・・

そしたら 読み聞かせやコーラスを出来る人は幸せな方々だよね。
きっと 箱の中の手紙を読んで 遠くから応援してる気持ちが通じたと思う

本当 政府は何をやってんだ 
外国に お金を配ってる余裕なんか 無いだろがー 
どっかの馬鹿ボンボン 150億もカジノに注ぎ込んでんじゃねー 

叫んでも どんなに怒っても 聞く耳持たず・・むなしい

この記事のみを表示する 秘密の作戦 本日発送

東北災害

11月のはじめ・・ 岩手の友達から、今まで色々なボランティアでいらした方に励まされて来たが
受身ではなく 自分達から元気を発信しようと、子供に本の読み聞かせやコーラスでと動きだした
と手紙を頂き、我が糸小屋からも・・元気に活躍している人に元気を送ろうとGayagayaの
メンバーとミニマフラーを織り始めましたが,しだいに周りの人も巻き込み。

元気を送ろうなのに 私たちが周りの人から元気や親切を頂いてしまいました。

特に病院に入院されている方々・・
  病気・リハビリーを受けながらの方とは思えないほどのパワー
たびたび病院から作品を運んで来てくれているNさんに、「病気が治ったのに腕の腱鞘炎が
痛くてなんて事になったら困るからホドホド」にと心配する位 素晴らしいアイデアが
いっぱいのミニマフラー

   201112111533.jpg

クリスマスカードにメッセージを添えて綺麗に袋に・・

                 

そしてなんと50枚のミニマフラー

       201112151046.jpg すごい  おばちゃんの○▲力

すごい・・それだけでは無いのです。100歳のお婆ちゃまからもショールの差し入れ・・

それにそれから 送料が掛かるでしょうからとお金の心配までしてくださっる人まで
遠く大分県からも力強い応援を頂いたり感謝です。
「私に出来る事があったら」と声を掛けてくださって,感謝いたします。
そして寒いだろうとカイロをダンボール1箱も有難うございます。
それからお洋服をくださった方有難うございました。
見知らぬ人まで 本当に有難うございました。

送料が余るので お菓子を箱の中に詰めてと 問屋さんに・・・

             201112121234.jpg

マタマタ ありがたい事が なんと 箱いっぱいの荷物をお店の荷物として発送して下さるそうで
送料が たぶん半額以下に・・そのぶん御菓子が増えて

今回 皆が東北の事を心配していると感じました。

そして 私たちの企画や 遠く岩手県山田町で活動してるグループを応援してくださって
皆様 有難うございます。そして素晴らしい仲間に出会えた事に感謝いたします。

病気で入院中に参加しってくださつた皆さん どうか完治され糸小屋に遊びに来てください
GAYAGAYAのメンバーと道具だらけの狭い小屋でお茶菓子囲んで快気祝いを早く
出来ますように。祈っています。

今回のこの企画に参加してくださった方
平塚さん・湯山さん・村山さん・佐々木さん・秡川さん・三木さん・森田さん・堀内さん
橋本御夫婦と糸小屋GAYAGAYAメンバー

箱詰めの時「もう終わりなの・・淋しいね」とつぶやいたメンバーがいます
きっと たずさわって下さった人は、皆同じ思いだと思います。
東北はまだ 災害にあった時から何も変わっていません。
きっと 私たちがやらなくてはいけない事、まだまだ沢山あるとおもいます。
その時は又 よろしくお願いいたします。

あと少しで 新しい年が来ます。
 来年は 明るく良い年で有りますように。
 そして皆様が幸せな事が ありますように。